リフとサビの叩きだけで満足してしまって、全体構成を考える前に燃えつきてしまった作品です。
BPMが低くて苦労しました。