EUROBEAT曲におけるEditについて、知識のない私が経験を頼りに自分なりにまとめてみました。ツッコミ大歓迎。

広義の「Edit」

各レーベルからリリースされる原曲(EXTENDED MIXなど)から、曲構成を編集することをEditと呼ぶ。また、Editの呼び名は編集用途にあわせた名前をつける。

主に以下の目的。
・CD収録のために、収録曲数と時間の制約から1曲あたりの長さを短くする
例)SEB EDIT → SEB収録用に曲の長さを短くしたもの

なお、基本的には曲構成に縛りはない。ただし、RADIO EDITの様に決まった曲構成(リフ始まり→1番→リフ→2番→リフ フェードアウト)のものもある。

狭義の「Edit」

DJが現場(クラブ・ディスコなど)で流しやすいように曲構成を編集したもの。
現場でのノリを重視し、SE(サンプリング・エフェクト、爆発音・掛け声など)を混ぜることもある。
Editの呼び名は、制作者の名前、またはRemixチームの名前をつける。

一般的に、以下の曲構成のことが多い。

イントロ32拍→(叩き)→リフ→サビ→リフ→1番→リフ→2番→リフ→爆発音で〆

これは、以下の理由から。

・準備の手間を減らすため、前曲との繋ぎをスムーズに聴かせるため
→最初のリフ前に叩きを入れる
→イントロ32拍に揃える

→イントロ32拍のうち、16拍毎の後ろ4拍にサンプリングを乗せる
→2番の前のリフはあまりいじらない

・EUROBEATは基本的に1番がけであるため、より長く1曲を楽しむためには1番の前を長くする

では「Remix」って?

Remixは主に以下の用途で使われる。

・Editの曲構成を変えて、更に長くしたもの
例)イントロ32 or 64拍→(叩き)→リフ→サビ→リフ→1番→リフ→2番→リフ→Extended部分32 or 64拍→リフ→サビ→リフ→1番→リフ→爆発音で〆 など。流すときの選択肢が増える。

・アレンジ曲

・上二つの合いの子

ただ、狭義のEdit構成なのにRemixと呼ぶなど人によってまちまちなので厳密な定義はないんだと思います。