超有名な曰くつき作品。
Wikipediaのデイヴの記事にも軽く触れられています。